NPO法人多言語広場(ピアザ)CELULAS
世界に通じる人材の育成をめざして

多言語広場(ピアザ)CELULAS(セルラス)は、英語だけではなくいろいろな国のことばを(言語)を習得する活動を通して、世界に通じる人材の育成をめざし、その環境づくりをすることで、社会貢献していく目的で、2002年5月に内閣府の認証をうけ、設立された特定非営利活動法人(NPO)です。
ホーム
セルラスの目指す世界
セルラスの多言語活動
☆具体的には何をしてるの?
☆オリジナルCD&ストーリーブック
青少年育成事業
☆青少年サマーキャンプ
☆リーダーズトレーニングキャンプ
☆青少年韓国ホームステイ交流
☆青少年海外ホームステイ交流
☆高校留学
多言語・多文化共生事業
☆1day trip program
☆家族・社会人ホームステイ交流
☆ホームビジット・ホームステイ受入れ
☆小中学校での国際理解授業
☆国際交流基金インドネシアレポート
会員の声
会員になるには
講演会スケジュール 
お問い合わせ
リンク
多言語広場 CELULAS 本部事務局
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1  
       ニューステートメナー1038
TEL:03-5333-8202 FAX:03-5333-8203

関西事務所
〒553-0007
大阪府大阪市福島区大開1-10-10
TEL・FAX:06-7493-7931
  会員募集中!
   メールマガジン  購読受付中!
2017年 「多言語教育」講演会のお知らせ

「子供たちの未来社会」はどんな人材が求められているか、一緒に考えてみませんか?
現在の子供たちが成人になる頃には、学力や人材に対する評価基準が大きく変わっていることでしょう。
そんな時代を見据え、講演会では

「多言語習得活動」を通して、
●コミュニケーション力を育てる ●多様性への対応力を育てる ●自分で見つける力を育てる

という内容を様々な事例を交えて解りやすくお話させていただきます。
関東       川崎市溝の口    飯田橋    
関西            神戸・六甲       
申込フォーム 

 セカンドページ更新情報!

○高校留学 樋田君のマンスリーレポート最終号 アップしました(2017.9.29)
○高校留学 樋田君のマンスリーレポート5月号 アップしました(2017.6.30)

☆リーダーズトレーニングキャンプ 2017年度に更新しました(2017.6.30)
○メルマガ 50号記念「ベストメルマガ集」発刊!!(2017.6.23)
○高校留学 三宅さんのマンスリーレポート5月号 アップしました(2017.6.9)
☆1day trip program 更新しました(2017.6.2)

○高校留学 樋田君のマンスリーレポート4月号 アップしました(2017.6.2)
○高校留学 三宅さんのマンスリーレポート4月号 アップしました(2017.5.26)


メルマガのバックナンバーが
  ご覧になれます!
 
CHECK! 

機関紙「CELULAS」
 こちらからご覧になれます!

 CHECK!   

 What's New!

   9/24(日) 関東!
関東 ホリデイ・スーパーピアザ開催!

秋晴れの日曜日、メンバーと留学生が集い、 関東でも
夏の活動の報告を主としたホリデイ・スーパーピアザが開催されました。
セルラスでは体験したことを報告、他の人たちにシェアするのが大切と
考えています。サマーキャンプや、韓国・アメリカホームステイ交流に
参加した青少年たちも、 この日までがプログラムだと考え、
報告の準備をしてきました。

 

また、当日は報告を聞くだけではなく、大人も小さな子供たちも
プログラムを一緒に体験できるようなプログラムに!ということで、
「ワンデイキャンプだ、ホイ!」という体験型の会になりました。
映像で実際のプログラムの様子を見たり、 子どもたちの報告を聞いたり、
またグループタイムでは、それぞれが準備してきた、
多言語でのプレゼンテーション・自己紹介・ロールプレイなどを
発表しました。 全員参加型のプログラムで、充実した一日になりました。 
 

 
  9/3(日) 関西!
関西 ホリデイ・スーパーピアザ開催!

夏休みが終了してすぐ、キャンプが終わってから2週間での開催
ということで、 それぞれの記憶も新鮮な報告会となりました。
この夏に韓国・アメリカにホームステイに行ってきた子ども達、
セルラスサマーキャンプに参加した子ども達の報告は、
皆がそれぞれ立てた目標に向けて、どのように頑張ったかを発表し、
体験を通して成長したことがよく感じられました。
また、 サマーキャンプに参加してくれた3人の留学生リーダーが見せて
くれた母国語のワンマンロールプレイは、声のトーンを変えたり
私たちでは考え付かないジェスチャーをつけるなど、その情景を
見ている側も思い浮かべることができるほど素晴らしく、
メッセージは心に響きました。
グループに分かれてのディスカッションは、活発に意見が飛び交い、
時間が足りない程で、とても充実した一日になりました。
 


     
青少年アメリカホームステイ交流2017!無事帰国!
 

今年も提携教育機関のNPO法人ユートレックの夏のプログラムに、
中学2年と小学校6年のセルラスのメンバーが、
関西・関東から参加し、
それぞれオレゴン州・ユタ州で
充実した1ヵ月を過ごしてきました。

 

詳しいホームステイの報告はこれからですが、
「家族の一員になる」という決意のもと、
様々な違いを乗り越えその目標を達成してきた話は圧巻です!

 8/20(日)~8/23(水)
CELULAS青少年サマーキャンプ2017@長野

今年は、長野県の長野市青少年錬成センターに関東&関西の小学3年生〜
大学生のメンバーが一堂に集まり、各国からの留学生と大学生リーダー
そして中高生ジュニアリーダーを中心に
縦割りのグループで3泊4日を過ごしました。

今年は初めて中高生リーダーがプログラムを考えました。
今年のテーマは「違いは宝物」「多言語で話そう!」でした。
廊下ですれ違う時も多言語で挨拶をしあったり、
数カ国語でロールプレイを楽しんだり、スイカ割りでは留学生のことばで
大声援を送ったり、違いは大切な宝物であることを子供たちが実感し、
充実したプログラムになりました。

今年の詳しい様子は現在編集中です。

昨年の様子はこちらから →click!



 
 

 
 



 8/11(祝・金) 
青少年韓国ホームステイ交流2017!無事帰国!

今年も小4~小6の子供たちが、韓国の家庭で(1人1家族) 
5泊6日のホームステイを体験してきました。
対面式では不安な気持ちで緊張した顔が、
ホストとのハグでパァーと明るくなりました。

たくさんの想いとありったけの韓国語で、家族の一員になろうと、
わらび餅を作ったり、掃除を手伝ったり、けん玉や折り紙で遊んだり、
子供たちは自分の出来る事を精一杯してきました。

「カムサハムニダ」を何回言ったかわかりません。
温かく受け入れしてくれた韓国の家族に心から感謝しています。 
 

 8/6(日) 関西!
”フィエスタ メヒカーナ”開催! 

外気温38度の猛暑日の中、西宮市男女共同参画センターにて
8月のスーパーピアザが行われました。
関東に引き続き、情熱の国メキシコから、アンヘリカ、
サラ、ヒメナ、ヴィクトールの4名が来てくれました 。

メキシコ南部地方の踊りのパフォーマンスは、アフリカンの香りがする
リズム♪で、彼女たちはもちろん、民族衣装もとても美しかったです。

また、キッチン用品の名前をひとつずつジェスチャーをしながらの
楽しい歌"La Taza"を歌ってくれたり、 
メキシコ名物のピニャータ割りやたくさんのお土産もいただき、
 
子どもたちも大人も大喜び! ムイ フェリス! 幸せな一日でした。

「トドス! ラ プロキシマベス ベンガン ア メヒコ!」
次はメキシコに来てね!と熱い言葉を残して、
メヒカーナ達は東京に移動、8/8に帰国しました。
 
 

 

7/30(日) 関東!
”メキシコ タイム”開催! 

7年前にスタートしたセルラスのメキシコ交流。
この夏は、今までホストファミリーをしてくれてきたクエルナバカの
青年&中学生たちが来日し、メキシコとの相互交流が加速しました。

メキシコ文化を知ってほしいという彼らのリクエストに応え、
関東でのサマーキャンプ準備会後、魅惑のメキシコタイムが
開催されました。 素敵な民族衣装で伝統舞踊を披露してくれたのは、
1回のメキシコ交流からセルラスメンバーを受入れしてくれている
アンヘリカ&サラ姉妹。それを華やかに盛り上げてくれたのが、
同じくこの交流を通してクエルナバカで出会い、
今は東京に住んでセルラスの活動にもよく参加してくれている
ヒトシ&シャラク兄弟のギター演奏で、みんな思わず踊り出しました。

大量の食材やお菓子をメキシコから持参し、
ホストファミリーと一緒に作ってくれた本場メキシコ料理に
みんなで舌鼓を打ち、ピリッと辛いキャンディーや甘いお菓子にびっくり!
暑い原宿会場に熱いメヒコの風が吹き抜けた楽しい交流のひとときでした。
 

 7/23(日) 関西!
関西ホリデイ・スーパーピアザ開催!   

7月23日関西でもホリデイ・スーパーピアザを開催しました。
入会間もないメンバーが司会を務め、
    楽しいオープニングでスタートしました。    

 

この夏、韓国ホームステイ交流に行く小学生たちの参加決意表明は、
一人ひとりが力強く発表し、対面式で披露するダンスの発表には、
大きな拍手が送られました。
また青少年サマーキャンプに初参加する子供たちが、目標宣言をしました。
このキャンプに参加するロシアの留学生リーダーも駆けつけてくれました。
その後、ホームステイ受け入れ報告やグループタイムでのロールプレイを
楽しみ、メキシコからホームステイに来ているヒメナと一緒に
全員でマカレナを踊り、盛り上がりました。
そして何といっても皆に感動を与えたのは、
10ヵ月間のアメリカ高校留学を終えて帰国した三宅さんの報告でした。
その一言ひとことに会場全体が聞き入ってしまい、
三宅さんの大きな成長を感じることができました。
 
 

 
  7/21(金) 関西!
コミュニカ学院 香港留学生交流!

今年も7/7923日、神戸にあるコミュニカ学院の
サマーコースプログラムで来日した11名の香港学生の
ホームステイ受け入れを実施しました。
4年連続になりますが、
毎回新しい出会いがあり、香港学生にとっても、 来日プログラムの中で
一番印象に残ったとの感想を多くいただきます。
7月21日のプログラム最終日には、学生たちの宿泊先のシェアハウスで
交流ピアザを開催しました。

 

当日は、香港と台湾からの学生、スタッフの方も参加して下さいました。
広東語と台湾語での自己紹介をしてから、2人組を作って
、セルラスサマーキャンプの留学生リーダーの国名を書いたカードを引き、
世界地図から見つけるゲームなどで盛り上がりました。
ホストとゲストが再会して、とっても仲よさそうに話している姿は、
家族のように見えました。

  7/15(土) 関東!
樋田君 アメリカ高校留学報告会 開催!

アメリカ・テキサスでの10ヶ月の高校留学を終え帰国した
樋田奨平君の報告会が、横浜会場で行われました。
メンバー以外の一般の方々や、留学生たちも多数参加し、総勢100名が参加。樋田君は、なぜ留学を決意したのか、留学初日の様子、
英語に向き合い感じた事、日本の英語教育について思う事、
子供達に伝えたい事、今後の夢そして、留学を応援してくれた家族や
セルラスの仲間への感謝の思いを1時間にわたって語りました。
その内容はホリデースーパーピアザでの報告よりもさらに深まり、
報告を重ねることの大切さを教えてくれました。
その後の、理事長による「世界に通じる力を育てる環境とは」の
講演と併せて、普段の活動ひとつ一つがしっかりと、
その力を育んでいる事をみんなが実感できる有意義な報告会となりました。

 



 
 7/9(日) 関東!
関東ホリデイ・スーパーピアザ開催!  

今回は164名が参加。その内26人が留学生でした。
夏の大イベントである青少年サマーキャンプの準備タイムや目標宣言、
小学生たちの「韓国ホームステイ交流」参加決意表明など、
青少年中心のプログラムがある一方で、
大人たちは留学生とのお話交流タイムを楽しみました。

 

各国の留学生たちとは、
私たちが日常取り組んでいるストーリーを一緒にロールプレイもし、
最後に彼らが自国語で演じてくれたのが見事でした!

 

メキシコから来た大学生たちと踊ったダンスも楽しかったです。
圧巻は、10ヵ月間のアメリカ高校留学を終えて帰国した
樋田君の報告でした。
滑らかな英語もさることながら、 大人はもちろん、
小学生や幼児たちも全員引き込まれてしまうような楽しい力強い
プレゼンテーションでしばらく拍手が鳴りやまなかったのが印象的でした。
 

 6/22(木)~6/30(金) 関西!
兵庫県国際交流協会 ホームステイプログラム!  

兵庫県国際交流協会からの依頼で、兵庫県内のセルラスメンバーが
定期的にホームステイの受け入れを行っていますが、 今回は、
パリクチュール組合学校から神戸ファッション専門学校へ研修に来た
フランス人学生のアマリアが来てくれました。

ホストファミリーは、これまでも何度か受け入れの経験がありましたが、
今までで一番子供たちがアマリアと交流をしようとしていたことが、
大変印象的だったそうです。 子供たちに理由を尋ねたところ、
「 アマリアがいっぱい話しかけてくれたし、なにより自分たちの話を
一生懸命聞いてくれたので、 こちらも精一杯話そうとすることができた。」と小学5年生の息子さんと中学1年生の娘さんが全く同じことを言った
そうです。普段からセルラスの活動で大事にしている
コミュニケーションの姿勢を実体験したのではないかと思います。

 
 
 

 

 
 6/24(土)~6/25(日) 関東!
厚木・杉並地区主催 わくわくファミリーキャンプ2017! 

神奈川の厚木地区と東京の杉並地区の合同で、神奈川県愛甲郡の
愛川ふれあいの村にて ファミリーキャンプを開催しました。
青少年だけではなく、小さい子供やお父さん、お母さんも気軽に参加
できるキャンプとして 去年に引き続き2度目の開催となりました。
46名のメンバーが参加しました。


ロールプレイなどの多言語活動をはじめ、エール作り、ディスクゴルフ、
バーベキューなど楽しいプログラム満載で、
幼児から中学生までの子供たちも、すぐに全員仲良しになりました。
普段ピアザに参加できないお父さんたちにも新鮮な体験となったようです。


イタリアの留学生も参加して、自分の住んでいるベネチアや将来の夢など、 美しい映像とともにプレゼンテーションをしてくれて、
皆にとってイタリアがとても身近になりました。 
 

 5/14(日) 関東!
ONE DAY TRIP PROGRAM 開催! 

来日したばかりでも親しい日本のお友達が出来ると、
各国の留学生から好評のプログラム。

今回も、東京日本語教育センターとイーストウエスト日本語学校より、
11
カ国1地域から32名の留学生が参加し、日本人メンバーとペアになって、
街散策、ホームビジットなどを楽しみました。

「久々に家族と一緒に旅行に来た気分になりました。」
「皆さんと一緒で楽しかったです。たまにさびしいから・・。」 など、
たくさんの心温まる感想を、留学生たちからいただきました。
これからも彼らとぜひ交流を深めていきたいです。
 

   4/23(日) 関西!
「関西セミナリオ2017」開催! 

今年は、西宮に大阪、兵庫のメンバーが集合しました。
コーディネーター中心の大人メンバーによるスーパーピアザの報告
中高大生によるリーダーズトレーニングキャンプの報告や、
多言語ゲーム、グループディスカッション、理事長のお話など、
盛りだくさんの内容であっという間の3時間プログラムでした。
大人もこどもも自分からいろんなことに気付け、
活動の今を確認できた一日となりました。
参加したメンバー、ひとり一人が 、これから、
毎週の活動の場、ピアザの作り手となって、積極的に参加したいという
気持になりました。
 
4/16(日) 関東!
「関東セミナリオ2017」開催! 

地域交流センター代々木の杜に関東のメンバーや留学生が集いました。 セミナリオは年度の初めに、多言語活動の旬の話題を共有し、
今年度の活動の方向性を確認する場です。 今年のテーマは、
「2020年に向けてセルラスの今とこれから~AIに負けるな~」
でした。 壮大なテーマではありましたが、
人間にのみ出来る役割として、
多言語活動を通して「多様性を背景(ダイバーシティ)にした
人々に対応出来る能力を育てる」ことが重要であると
再確認できました。 当日行われたプログラムでの中高大生による
リーダーズトレーニングキャンプの報告や各ピアザでの発見の話等
からも、それを育てる環境がセルラスには有り、
力が育っていることもあらためて確認できました。
 
 

3/29(水)~31(金) !
リーダーズトレーニングキャンプ2017@浜名湖!
  

今年も中高大生を対象に、23日のリーダーズトレーニングキャンプが
静岡県浜松市で行われました。
このキャンプは、セルラスのミッションである、多言語活動を基盤に、
権限無きリーダーシップを実践し、 「世界に通じるリーダーを育てる」
目的で行われ、今年で6回目の開催となりました。
今年はイメージを描くことを大事にする「ワンマンロールプレイ」に
チャレンジし、 その体験をことばにほどくことを中心とした内容で、
青少年には事前に課題も与えられました。 全国から参加の36名の青少年は、数回の準備会の中で互いに刺激し合い、 課題への取り組みを励まし合い、
当日を迎えました。 大学生リーダーと中高生ジュニアリーダーを中心に、
また留学生たちとも一緒にプログラムが進められ、
試行錯誤しながら取り組んだ課題から、自身で気付いたことを
ディスカッションし、そして仲間の姿から沢山のことを見つけてきました。 彼らの真摯な取り組みの成果は、各ピアザに持ち帰られ、
今年一年の セルラスの活動に新たな風を吹き込んでくれることでしょう!

 

後日、詳細を掲載します。
 





 
3/4(土) 関西!
「春のセンター祭り」参加! 

大阪市難波市民学習センターの「春のセンターまつり」に
難波ピアザが今年も参加し、 「世界のことばと遊びの広場」を行いました。 ベトナムの留学生リンちゃんとインドのデヴィさん&ソミ君(5才)が
母国の文化や習慣、 食べ物、挨拶などを紹介してくれました。
ベトナムは日本のように細長くて北の方では雪が降るし、南の方では
20℃~40℃と温かいそうです。中国やフランスの文化が入り交り、
漢字や干支があったり、フランスパンがとっても美味しいそうです。
インドの紹介では、ヒンディー語で挨拶した人から順番に、
ビンディー(眉間の印)をデヴィさんに貼ってもらい、
皆がインド人に変身!ソミ君にヒンディー語を教えてもらったり、
デヴィさんに「家の近くにゾウはいますか?」等と質問をしたり、
全員でボリウッドダンスを踊りました。
皆さん積極的に参加してくれて、自己紹介、ビンゴゲームや
進化ジャンケン等、 楽しく世界のことばや文化を知ることが出来ました。
 
2/23(木)~25(土) 関東!
東京マラソン2017 ボランティアに行ってきました! 

2/26()に行われた、東京マラソン2017の前日までの3日間、東京・有明の
ビックサイトで行われた東京マラソンEXPO2017と、
2/25()に行われた
東京マラソンフレンドシップラン2017に、合計16名のセルラスメンバーが
多言語対応ボランティアとして活動してきました。

今回は参加者で自主的に2回の準備会を行い、今年の活動内容の把握、
心構えなどを確認し、ボランティアを心から楽しむ気持で当日に臨みました。

自分が今、何をすべきかを考え、周りの人と協力して動く。
どこの持ち場でも、とびきりの笑顔で対応し、たった一言でも相手のことばで
自然に話しかけることができる。その時のランナーの嬉しそうな笑顔!

最初は分からなくても、その場でどんどん伝わることばを

周りの人やランナーからもゲットして、使えるようになっていたり。

普段はなかなか気付かないけれど、確実に私達の中にその力、

「人に向き合う力」が備わっていることを実感できるボランティアでした。

来年はもっと沢山の仲間と参加することを目指します!





 


 
 2/19(日)~20(月) 関東!
モンゴルホームステイ受け入れ!

日本の高校生の全国大会「ロボットアメフトトーナメント」に
参加するために、モンゴルから来日する高校生が、
1泊ホームステイするプログラムも、今年で3回目になりました。
今回は11名の高校生を関東のメンバー宅で受け入れし、
次の日はみんなでソラマチ、浅草を観光し、楽しく過ごしました。
理系のとても優秀な集団なのですが、
買い物で見せるはじけた表情もかわいく、
「日本の家庭・文化に深く触れられて日本が大好きになりました!」
という感想も多く、嬉しく思いました。
また来年彼らに会えるのがとても楽しみです。
 
2/10(土)~11(日) 関西!
ホームステイ&ホームビジット受け入れしました!  

大寒波が訪れるなか、兵庫県国際交流協会より依頼の
ミャンマー大学生ホームステイ(2/1012)と、
JICA
研修員ホームビジット(2/11)の受け入れがありました。
JICA研修員の人たちの国は、ジンバブエ、ラオス、カンボジア、
カメルーン、ケニア、東ティモールの6ヵ国でした。
新しいメンバー達にとっては初めての受け入れで、最初はとても緊張した
ようでしたが、ミャンマー大学生やJICA研修員たちの明るい笑顔に
すぐに打ち解け、楽しく交流することができました。 
少しの英語とジェスチャーでも、しっかり気持ちを伝えることができた
という声が多く、とても貴重な経験となりました。
   

   1/29(日) 関西!
セミナー「カンボジアってどんな国?」開催! 

兵庫県生活創造センターとの共催で セミナーを行い、
32名が参加しました。
カンボジア人留学生のリッキーとソリダが
美しい民族衣装を着て講師を務めました。

 

カンボジアの世界遺産、リゾート地、食べ物、通貨、
民族衣装などについての講演のほかに、ゲームやクイズも盛り込んだり、
クメール語での挨拶や自己紹介も教えてもらいました。
参加者からの質問も活発に出て大変楽しい会になりました。
地域とつながることができたのも嬉しく、
ぜひまた企画していきたいと思います。
 
1/28(土) 関東!
合同新年会 開催! 

東京の世田谷地区と神奈川の川崎地区のセルラスメンバーが合同で
新年会を開催しました。
年末から年始の韓国・メキシコのホームステイ家族交流の報告は、
青少年と母たちだけでなく、5歳児もしっかりと自分の体験を話しました。
皆何度か報告していく中で、いろいろなことに気づき
体験が深まっているようでした。
メキシコの「ピニャータ割り」や「多言語福笑いゲーム」で盛り上がり、
ディスカッションタイムでは自分の今年のセルラスの目標を伝え合いました。 最後の懇談タイムは、留学生から新年の過ごし方や結婚式の様子など、
興味深い話もたくさん聞くことが出来ました。
仲間の話や目標に刺激を受け、今年もセルラスの活動を楽しんで、
たくさん見つけていきたい!と思えた新年会でした。



 
 
 
 12/24(土)~1/4(水)!
メキシコ 青少年&家族ホームステイ交流に行ってきました! 

今年の参加者は小4~高2の青少年を含むセルラスメンバー8名。
寒い日本を飛び出し、蒼い空と輝く太陽の下、何より暖かい
ホストファミリーたちに迎えられ、メキシコの家庭にとって最も大切でも
あるクリスマスと年越しの仲間入りをさせてもらい、日本とは全く違う
メキシコの生活を満喫。「セルラスのみんなは誰からも好かれる要素を
持っていて、素晴らしいと毎回感じる」と現地受入れコーディネーターに
言ってもらいましたが、それは日頃のセルラスの活動で培われている
ことばと心の扉を開いて」人に向き合うことができるようになっている
からだと思います。「こんな素晴らしい機会を作ってくれてありがとう」
とホストファミリーたちが逆に感謝してくれ、70名が参加した日墨交流
パーティーでは、ホストファミリーたちがお金を出し合って、
地元モレロス州の伝統舞踊チネ―ロスを呼んでくれて一緒に踊るという
ソルプレッサ(サプライズ)もあり、感激。「次回はぜひホストファミリーになりたいという友人がいる」「違う地域にも来てほしい」という
嬉しい声もたくさんあり、また、来日ホームステイ希望者も増えており、
遠いメキシコとの絆が深まり、広がっています。
 

12/23(祝・金)~28(水)!
韓国 家族ホームステイ交流に行ってきました! 

ゴールデンウィークに引き続き、年末は子どもを連れた6家族の
セルラスメンバーが、韓国へホームステイ交流に行きました。
クリスマスイブから3泊4日のホームステイでしたので韓国のクリスマスも
楽しみました。サンタクロース・ハラボジ(おじいさん)が韓国にもいて、
プレゼントをもらった子供たちは大喜び!皆それぞれのホスト家族に
温かく迎えてもらって、旅行で訪れただけでは味わうことのできない
ホームステイならではの貴重な体験ができました。
子供たちは言葉の壁など全く関係なく、すぐに仲良く遊んだり、
ケンカをしたり、たくましく交流できたようです。
この後の報告会がとても楽しみです。





 
 

 12/11(日) 関西!
セルラス関西 Festival 2016!開催!

今年のテーマは、タイトル「多言語タマーシャ(まつり)」のとおり、
ずばり「多言語」。 準備会から当日まで中高生が中心になって準備を重ね、当日は、セルラスの活動を通して日々多言語に触れ、
様々な国の人々に出会い、多言語活動の楽しさを感じていることを、
日本語多言語を交えて発表し合いました!

 

前半は、様々な国に分かれ、イギリス・中国・タイの留学生、
インド人親子も参加のもと、その国の言葉も入れて、
話したり身体で表現したり、クイズや自己紹介などをしました
後半はプレゼンや、ワンマンロールプレイなど、セルラスの活動に密着した
多言語活動のグループをつくりました。
韓国交流の報告を5分間全部韓国語でプレゼンした小学生もいました。

 

当日参加された、マレーシアの方から、「日本でこんな活動があると知れて
よかった、子どもたちがみんなしっかりしているのでびっくりしました。」
との感想もいただき、人に向かって話す・ 聞く・伝える・
分かり合うことの大切さを改めて実感する一日となりました。
 
 
12/8(木) 関東!
国際交流学習支援に行ってきました!
 
新宿区立牛込仲之小学校から国際交流学習の依頼を受けて今年が7年目。
今回は12年生のクラスで、韓国、イギリス、香港の3名の方が
セルラスメンバーと共に国の紹介と遊び体験の授業をし、
給食と休み時間も子供たちと一緒に楽しみました。

児童はみんな目を輝かせて話を聞き、
その国のことばも積極的にマネして言ったり、各国の遊びも盛り上がりました。直接、人に出会い触れ合う授業は、本やネットだけでは得られない体験となり、わずかな時間でも、その人を通して子供たちの世界が広がっていく様子が、
たくさんの笑顔と歓声から伝わってきました。
 
 

   12/4(日) 関東!
セルラス関東 Festival 2016!開催!
 
中高生が中心になり、3回の準備会を経て、こどもたちで企画・進行を
担当する、年に一度のこども達主体の大イベントが今年も開催されました。

今年のテーマは、「人と向き合う」~だからやっぱり多言語活動!~で、
このテーマに関しては、リーダーズトレーニングキャンプ、サマーキャンプ
そして、普段のピアザ活動でも取り上げ、みんなで考えてきました。
そして、その中から見えてきたのは、「やっぱり多言語!」です。
当日は、2~3才児から大人まで多言語での自己表現にみんながチャレンジ!
これからの多言語活動をどんなふうにやっていけばいいかを、
青少年の熱いプレゼンテーションやグループに分かれてのディスカッション
を通してみんなで考える、有意義な一日になりました。

  11/23(祝 水) 関西!
“青少年活動わくわくドキドキフェスタ”参加!

神戸市青少年会館主催のイベントにセルラス神戸地域が参加しました。
子どもも大人もみんなで会場を飾り付け、民族衣装で記念撮影、パネル展示、
キャンプ&韓国交流DVD等を上映。ほかにも、
メンバー手作りの多言語挨拶神経衰弱、世界地図パズル、
お国紹介クイズなどで、参加者の方々に楽しんでいただきました。
セルラスの活動を紹介でき、ほかの青少年活動団体のみなさんとも
交流もできて、充実した一日となりました。
 
 

 
 



 
 11/6(日) 関東!
横浜ワンデイトリッププログラム開催!


とても素晴らしい秋晴れの一日。横浜市中区にある、
アジア国際語学センターの中国の留学生20人と一緒に鎌倉に行きました。
2歳の赤ちゃんを連れた留学生、またセルラスメンバーのこどもたちも多く、
人ごみをなるべく避け、源氏山公園→銭洗い弁天→佐助稲荷という
ハイキングコースをたどりましたが、
楽しくおしゃべりをしながら親交を深めることができました。
普段の学校生活ではなかなか日本人と直接話す機会がないとのことで、
みんな一生懸命日本語にトライしていました。
この出会いをきっかけに普段の活動にも参加してほしいです。

 

 

 
 10/30(日) 関東!
ワンデイトリッププログラム開催!


留学生と日本人がペアを組み、一日一緒に外出するという
「ワンデイトリッププログラム」が開催されました。
今回は、東京日本語教育センターとイーストウエスト日本語学校の
5ヵ国1地域からの留学生30名が参加しました。
最初の緊張もすぐにほぐれて、鎌倉へ出かけたり、浅草下町散策、
そして自宅に招待して日本の生活を体験してもらったりなど、
それぞれとても楽しい交流ができたようです。
翌週は各ピアザでワクワクの交流報告が聞けました。
 
 
 

 
  10/29(土) 関西!
大阪マラソンボランティアに行ってきました!

大阪マラソンの前日、10月29日(土) インテックス大阪にて
セルラスの仲間達で多言語対応ボランティアをしました。
仕事内容は ヘルプデスクにて参加ランナーの身分確認
及びQRコードの再発行と言う 緊張感溢れるものでした。
忙しくて、ゆっくり交流と は いきませんでしたが
タイの方が来られた時に、タイ語で挨拶すると、
一瞬で笑顔になり一緒に写真を撮りました。
韓国の方が来られた時は、自然と韓国語で説明したり、
話しかけていました。英語だけでは得られない楽しさがありました。
相手の目を見て、とびきりの笑顔で 対応 。
32000人の無事を祈りながらボランティアしました。
 
 
 10/22(土)~23(日) 関東!
横浜ファミリーキャンプ@三ツ沢青少年野外活動センター! 

横浜地域のピアザ合同で、12日のファミリーキャンプを行いました。
韓国・タイ・中国・マレーシア・フィリピン・リトアニアの
6カ国12名の留学生や親子も参加してくれました。
「留学生について知ろう!」というプログラムでは、グループに分かれ、
留学生個人やその国、文化について、こどもも大人も、たくさん質問をし、
次の日に、その内容をクイズやプレゼン形式で
他のグループのメンバーにシェアしました。 

バーベキューやカートンドッグ作りなどの野外活動でも、薪割りから掃除まで、それぞれが自ら役割をみつけ、率先して行動することが出来ました。
寝食をともにし、活動することで、メンバー同士の関係性がより深まり、
これからのピアザ活動が楽しみです。
 
 
 
 10/8(土)~10(祝 月)!
多言語活動フォーラム in 知多半島 開催!

セルラス初の「多言語活動フォーラム」が2泊3日の日程で、
愛知県の知多半島で開催され、男女、シニア世代~子どもたち、
留学生まで幅広い年齢層の会員が全国から集まりました。

国際社会で役立つ力が育てられる多言語活動は、
これからますます、社会や教育現場で必要になります。
そこで今、この多言語活動の成果を確認し、可能性を広げるために、
テーマごとの分科会やグループディスカッションで討議を重ねました。大人だけではなく、青少年からも活発な意見が出され、
新しい発見も多く、何より子どもたちの成長が実感でき、
未来への可能性が感じられる2泊3日のプログラムでした。
 
 
 9/22(祝 木) 関東!
ホリデースーパーピアザ開催!

関西に引き続き、夏の報告会となるホリデースーパーピアザが開催されました。
青少年サマーキャンプ、韓国アンニョンハセヨ交流は
それぞれ楽しい思い出がいっぱい詰まった映像から始まりました。
その後キャンプのプチ体験コーナーでは、留学生リーダーの夢の話や、
お国紹介とゲームがあり、その後、キャンプの感想を
小3~高1の代表5名が話しました。
韓国ホームステイ報告は、参加した小学生たちの話をグループに分かれて
しっかり聞き、みんなで体験を共有する場となりました。
アメリカホームステイ交流の報告は、中1の参加者が自分でパワーポイントを
作り、実際の体験で発見したことを深く掘り下げて発表できていました。

キャンプもホームステイ報告も、ただ楽しかったでなく、聞きごたえのある
内容と人に伝える表現力があり、セルラス青少年たちの成長を感じました。
 


 


  9/4(日) 関西!
ホリデースーパーピアザ開催!

関西夏の交流を報告するホリデースーパーピアザが、開催されました! 小学6年生でアメリカ・ユタ州で1ヶ月ホームステイ交流を
してきたメンバーの報告に始まり、高校2年生のオーストラリア体験、
小学生メンバーの韓国アンニョンハセヨ交流、
そしてサマーキャンプ報告など盛りだくさんの内容で、
あっという間に2時間が過ぎてしまいました!
サマーキャンプの留学生リーダーたちも参加し、
感想を述べた後、一緒にゲームも楽しみました。  
また、今回は夏休みのピアザ活動の写真コンテストも同時開催され、
さまざまなピアザの写真が会場を飾り、
目でも楽しませてくれました(^^  
それぞれのプログラムに参加した子供たち一人ひとりが、
感想や成長したところを発表し、それを聞くメンバー全員と体験や
気持ちをシェアすることができました。
会の最後にはこれから発足される「お父さんの会」や10月に開催
される「多言語活動フォーラム 2016」についても案内されました。  この日それぞれ感じたことが、
日々の私たちの活動へと繋がっていくことと思います!
 



  8/17(木)~8/20(土)
CELULAS青少年サマーキャンプ2016@井川

昨年と同じ、静岡県の井川に関東&関西の小学3年生〜高校生のメンバーが
一堂に集まり、各国からの留学生と中高生ジュニアリーダーを中心に
縦割りのグループで3泊4日を過ごしました。

今年はCELULASの多言語活動3原則についてのディスカッションや、
留学生一人一人、個人が育った環境や夢について聞く時間など
新しいプログラムが入り、ますます充実したキャンプになりました。

今年の詳しい様子は現在編集中です。

昨年の様子はこちらから →click!

 
 

 

 






   青少年アメリカホームステイ交流2016!無事帰国! 

毎年夏休み恒例のプログラムですが、今年はセルラスの小6と中1
メンバーが、関東・関西からひとりずつ、提携教育機関のNPO法人 
ユートレックのプログラムに参加しました。 
コロラド州、ユタ州でそれぞれ充実した1ヶ月を過ごしてきました。
ホームステイの様子は、後日、お伝えします。

ユタのコースは台風のために最後のホテルで足止めとなり、
なんと3日遅れになりましたが、
仲間たちとの楽しい時間が増えたと喜んで、
8/25に元気に帰国しました。
 2人のこれからの報告が楽しみです。

 
 
 8/5(金) 青少年韓国ホームステイ交流2016!無事帰国! 

昨年の夏は、マーズの流行のために中止になったプログラムですが、
今年は7/29(金)から、関東8名、関西8名、計16名の小学生が参加し、
8/5(金)に全員笑顔で帰国しました。

日本から世界へ飛び出す最初の一歩。お隣の韓国へホームステイにでかける
プログラムです。 関東関西それぞれで数回の事前研修会を設け、家族やピアザでも一緒に準備に取り組んで送り出しました。
子供たちはひとりずつ各家庭にステイします。それぞれホームシックや
ことばの問題を乗り越えて、貴重な体験をしてきました。
これからの帰国報告が楽しみです。

詳しい様子はこちらからご覧ください→ click!
    

   
 
 


 7/24(日) 関西!
ホリデースーパーピアザ開催! 

関西で、ホリデースーパーピアザが、開催されました!
夏休みに入り、子どもたちも参加のスーパーピアザということもあって今回は、梅田ピアザのお母さん、お父さん、子どもたちが
進行を担って、頑張りました!
 
前半はロールプレイやそれにまつわるゲームで仲良くなった後、
グループごとにディスカッション!
後半は、韓国アンニョンハセヨ交流の子どもたちが今の気持ちを話し、その後、1ヵ月のアメリカホームステイ交流・キャンプに行く
子どもたちの決意表明と続き、最後は8月から1年間の
アメリカ高校留学プログラムに参加の三宅咲良ちゃんが、
留学を決めた時から、今に至るプロセス、
また帰国後の将来の夢についてまで、感謝の気持ちを込めて
たくさん語りました!準備を通し、大きく成長した子どもたちが
感じられたスーパーピアザとなりました!
 
 
 

  7/8(金)~10(日) 関西!
コミュニカ学院、香港留学生ホームステイ受け入れ!

香港城市大学の12名の女子学生を2泊3日で受入れしました。
今年で3回目になるプログラムです。
1か月の夏季研修の為に来日した留学生を対象に、
最初の週末に希望者のみ行いますが、体験者の口コミで希望者が
年々増えています。対面式の後、ピアザでセルラスの活動を体験したり、
それぞれホスト家族と観光を楽しんだり、3日間を有意義に過ごしました。
残りの研修が3週間ほどあるので、
まだまだ連絡を取り合って交流できるのが嬉しいです。

ホスト家族からは、
「印象に残っているのは、「おにぎり」を一緒に作ったことで、
すごく楽しいと 喜んでくれた時の顔は忘れられません。」
「今回の受け入れで、ゲストが育った香港にいつか行ってみたいと
思いました。」などの感想が上がっています。
 
 

 
   7/14(木) 関西!
クアラルンプールの小学生とSKYPE交流!

セルラスのイベントで知り合ったマレーシアの留学生、
シャフィアの母校のクワラルンプールの小学校6年生たちと
Skype交流をしました。お互いの民族衣装を紹介したのですが、
マレーシアはマレー系・中国系・インド系の多民族国家。
衣装もそれぞれ違うことを、英語で説明してくれました。
また、日本の着物についても興味津々で聞いてくれました。
今後もこんな素敵な機会をつくり、
セルラスの子供たちと沢山共有していきたいと思います。
 
  7/10(日) 関東!
HSP(ホリデースーパーピアザ)開催! 

関東で夏に向けた特別スーパーピアザを開催しました。
事前に行われたプレ・スーパーピアザでは、普段のピアザを越えて
小学生~シニア世代までが一緒に話し合い、当日のプログラムを考えました。
本番では、普段のピアザになかなか参加できないお父さんメンバーや、
各国の留学生キャンプリーダー(リトアニア、シオラレオネ、中国ブラジル、
フィリピン、インドネシア、ベトナム等)も参加し、
皆で中学生2名の司会を暖かく応援しました。
韓国・アメリカホームステイに参加する青少年メンバーの決意表明、
キャンプに向けての目標宣言なども盛り込まれ、
セルラスの熱い夏のスタートになりました。
 
 

 
   6/25(土)~26(日) 関東!
杉並ファミリーキャンプ 開催! 

杉並地域のピアザ主催によるファミリーキャンプを
神奈川県立愛川ふれあいの村で開催しました。
セルラス青少年サマーキャンプやリーダーズトレーニングキャンプ
参加できる小中高大生が飛躍的な成長を遂げている中、
小さな子どもたちや大人も参加できるキャンプがあったら!
という願いのもとに今回初めて実現しました。

家族アピールタイムから始まり、グループに分かれてエールを
作ったり、戸外でのディスクゴルフやバーべキューも楽しみつつ、
いつもピアザでやっているロールプレイも、
初めて出会うメンバー同士、とても新鮮な気持ちでできました。
リトアニアや中国からの留学生も参加し、
映像を駆使したお国紹介をしてくれました。
ひとりひとりが積極的に役割を
見つけ動けたファミリーキャンプ、次回も今からとても楽しみです。
 

 6/22(水) 関東!
日本語学校授業協力! 

セルラスでは、長年に渡り交流しているイーストウエスト日本語学校
東京都中野区)の授業「ゲスト・セッション」に協力しています。
実際に日本人と日本語で話をする機会の少ない日本語学校の
留学生たちにとって、生きた日本語を話す良い機会になります。

6月22日は、「年上の人と敬語で話す」という授業だったので、
シニアメンバーたちを中心に6名のセルラスメンバーで、
3クラスの留学生たちとグループに分かれて話をしてきました。
先生方から「いつもの授業に比べて、生徒たちが嬉しそうに一生懸命、
日本語を話していて本当に良かったです」と感謝していただきました。
私たちも留学生の質問を受けたり、質問したり、楽しい時間を過ごしました。早速、次回の授業のリクエストもあり、
後日留学生たちからは嬉しいお礼の手紙まで届きました!
 

 
 関西!関東!
インドネシア報告「セルラスで育む世界に通じる力」
@6月スーパーピアザ開催!
 

6月のスーパーピアザは、国際交流基金のプログラムにより
インドネシアの高校で日本語クラスのアシスタントをしつつ、
ホームページでもマンスリーレポートで現地の様子を伝えてくれていた坂主宇音さんのインドネシア報告会でした。
(関西6/5・関東6/15)

最初の30分はすべてインドネシア語での報告でしたが、
映像を見ながら坂主さんの楽しそうな表情やジェスチャーに
引き込まれていくうちに、言葉はわからなくても、
坂主さんの伝えたいことはすべてわかったという感覚を、
ほとんど全員が持てました!

坂主さんのそんなコミュニケーション力は普段のセルラスの活動で
培ったというメッセージと、しなやかに世界で活躍する姿は、
子供だけではなく大人も憧れ、世界に通じる人材ここにあり!
と誰もが感じた報告会でした。
 
 
関東!関西!
スーパーピアザ開催中! 

今年度より、関東と関西で月に1回、地域のピアザを越えてメンバーが集まり、様々なテーマに沿ってディスカッションやプレゼンテーションを行っています。

5月は60歳を過ぎて活動を始めた金光朝子さんが、
関東(5/10)・関西(5/24)のスーパーピアザで、
年近くの活動を通して身に付けたコミュニケーション力&人間力、
多言語を話せるようになったプロセスなどの体験談を話してくれました。

「いくつになっても人は成長できると思ったら、元気が出ました!
「新しい目標ができました!」「子育てのヒントがもらえました!!」など、
多くの感想が集まりました。

スーパーピアザは、この先も毎月続きます。
 
 

 
 5/15(日) 関東!
Oneday Trip Program 開催! 

初夏を思わせる晴天の一日!
東京日本語教育センターとイーストウエスト日本語学校の
留学生と一緒に一日交流を楽しみました。
これは日本に来たばかりの留学生とペアになって一日を過ごす
プログラムです。
この日も、小さい子のいる家庭はホームビジットに招いたり、
グループで、公園や東京の観光名所を訪れたりしました。
留学生からも、学校だけではなかなか日本人と話す機会がないが、
たくさん日本語を話せて嬉しかった。また一緒に過ごしたい。
楽しかったという感想をもらい、これからの交流も楽しみです。

 
  4/29(金)~5/4(水)!
家族&社会人 韓国ホームステイ交流!!

横浜、大阪、明石から6家族10名のセルラスメンバーが韓国の8家庭に
ホームステイしました。
ほとんどのメンバーが初めての韓国でしたが、
温かい家族の一員として迎えられ、韓国の生活を満喫してきました。
国や言葉が違っても、温かい心は同じだと実感して、
ホストもゲストも感動いっぱい、涙のお別れをして帰国して来ました。
参加メンバーたちはお隣の国・韓国に、大切な家族や友だちをたくさん作り、
今はホームステイの素晴らしい体験を、各地域で報告しています
 
 
 
 4/24(日) 関西!
関西セミナリオ開催! 

兵庫県尼崎で関西セミナリオが開催されました。
大人も子供もたくさんの人と向き合い、聞いて、話して、動いて、
感じて、一歩前に踏み出してピアザを作ることをテーマに、
関西地域のメンバーが集まりま した。
何よりも、青少年達がリーダーズトレーニングキャンプで
セルラスの活動に真剣に向き合ったことで見つけ出した、
「セルラス多言語習得の原則」 の発表は圧巻でした。
また、理事長のお話を受けてのディスカッションは時間が足りない程
盛り上がりました。そして、ピアザを超えたメンバーとできる
ゲームやロールプレイはみんなが笑顔になりました。
メンバー全員でピアザを能動的に作っていく第一歩になりました。
 
 
 4/17(日) 関東!
関東セミナリオ開催! 

地域交流センター恵比寿ホールに関東のセルラスメンバーが一堂に集い、
セミナリオが開催されました。

 

リーダーズトレーニングキャンプを経ての青少年の発表や、現在大人が
地域のピアザを超えて集まり、活動について考えるスーパーピアザを経て
見つけたことの発表、またそれを受けてのディスカッションなど、
とても充実したプログラムでした。  
話を聞くことが中心の3時間でしたが、最初から最後まで、小学生もしっかり
人の話を聞くことができました。「ピアザで培った力が花開きだしている。」
「セルラス自体が成長している。」等の感想があり、今年度の活動の皮切りに
相応しい会になりました。
 
 
 

 3/29(火)~31(木)!
リーダーズトレーニングキャンプ2016@浜名湖!!

「世界に通じるリーダーを育てる」という目的で、
今年も中高生を対象に2泊3日のリーダーズトレーニングキャンプが
静岡県浜松市で行われました。 
今年度は、セルラスの多言語習得3原則について、それぞれの体験からみつけた事を、グループでプレゼンテーションし、
ディスカッションを重ね、最終日に発表しました。
難しいテーマでしたが、活発に意見が出て、活動全般についても
深く考える有意義なキャンプになりました。

今年度の詳細はこちらから! 詳しくはこちら!

 3/15(火) 関東!
世界のことばと遊びの広場withミニディ楽々クラブ! 

世田谷区内のシニア世代の交流グループ『ミニデイ 楽々くらぶ』
(平均約80歳)から、今年も依頼をいただき、『世界のことばと遊びの広場』を開催しました。
2か国(インドネシア、台湾)の留学生が参加、
国紹介や台湾の数の数え方(指使いが独特で難しいんですよ~)、
インドネシアじゃんけんで盛り上がりました。
皆さん、2020年の東京オリンピックを見据えて、もっと世界のことを知りたいと意欲旺盛で目を輝かせて話を聴いてくださいました。 また留学生のために、
江戸文化の紹介や、上手なハーモニカ伴奏とともに『故郷』をみんなで合唱してくださいました。留学生には折り紙のお土産もいただき、
普段なかなか触れ合えない年代の方々との交流は、留学生、
スタッフ共々とても有意義な時間となりました。


 

3/12(土) 関西!
難波市民学習センター「春のセンターまつり」! 

難波学習センターで「春のセンターまつり」が行われ、
難波ピアザも1コーナーを担当しました。
スウエーデンの留学生ウイリアム君とエルサルバドルのダニエル君
協力してくれました。
それぞれの国紹介では日本から遠くて知らないことがたくさん。
エルサルバドルは大きさが四国くらいなのに火山が25以上もあります!
だから地震も多いそうです。スウエーデンは夏至にザリガニを食べる
パーティがあります。星座も「カニ座」ではなく「ザリガニ座」だそうです。そして税金が25%と高いのにびっくりしました。
税金の安い隣の国ドイツに時々買い物にいくそうです。
その他、マカレナダンスやゲーム等みんな大いに笑い、大変盛り上がりました。

 

 



 
 2/28(日) 関西!
JICA研修生ホームビジット受け入れ! 

「JICA ABEイニシアティブプロジェクト」により来日中の
アフリカの研修生を、兵庫県国際交流協会の依頼により
受け入れました。
今回の受け入れは、エジプト・ケニア・エチオピア(2名)・
タンザニア(2名)の系6名です。
お昼を一緒に食べたり、ゲームをしたり、近くの公園でバスケや
サッカーなどをして楽しみました。
研修期間が後1年半あるので、今後も交流できるのが楽しみです。

2/22(月)~23(火)!関東!
 
モンゴル中高生ホームステイ受け入れ@横浜!! 

昨年に引き続き、横浜で開催される全国ロボットアメフト大会出場の為
来日した、モンゴルの中高生を22人受け入れました。
一泊だけの短い時間でしたが、日本の食事は美味しい!
伝統的な和室で蒲団に寝られて嬉しかった!と、
ホームステイを楽しめた感想を書いてくれました。
最後は、「幸せなら手をたたこう」を日本語とモンゴル語で歌い、
来年の大会にまた来ますと別れました。
毎年続いて行く交流になり、今後が楽しみです。





 
 
 

1/30(土) 関西!
 
芦屋東灘地区合同節分ピアザ開催! 

芦屋、芦屋東、東灘ピアザ合同の節分ピアザを開催しました。
中国人留学生も参加し、皆で恵方巻を作って食べたり、
福笑いや百人一首などをして、日本の文化を楽しみました。
また、皆で中国語で歌を歌ったり自己紹介などもしました。
お互いの国について質問し合い、交流を深めることができました。
 
 12/25(金)~30(水)!
 
韓国ホームステイ交流実施!!

セルラスでは、5組の希望者が集まれば随時韓国へのホームステイ交流を
実施しています。今回は小6男子2名、中1女子1名、親子2組とスタッフ、
計6家庭へのホームステイが実現しました。

-7度の日もあった極寒の韓国ですが、ステキなホストファミリーに迎えられて心も体もポッカポカ!今は毎週のピアザ(各地域でのセルラス活動定例会)で、韓国報告真っ最中です。
今回は韓国ホストファミリーの中1男子が、小6の日本人セルラスメンバー
Tくんを受け入れる様子について韓国テレビSBSの取材を受け、
1月11日12日の2日間に渡って「ネ マウメ クレパス(私の心のクレパス)」という1時間のドキュメンタリー番組として放映されました。


 

 
 


 12/23(祝・水) 関東!
 
クリスマスパーティー!~世田谷・杉並・渋谷ピアザ合同

今年は3地域合同でクリスマスパーティが開催されました。
外国籍の仲間9名(インドネシア・ドイツ・タイ・中国・台湾・韓国)も含めた約80名が集い、クイズ・ゲーム・プレゼント交換など
楽しい時間を過ごしました。
各国の料理が集まる持ち寄りのご馳走は、
例年お楽しみのひとつですが、今年は「おいなりさんにチリソース!」といった美味発見?カルチャーショック?もありました。

最後に留学生たちに、日本の羽根つきやコマなどを紹介したあと
お正月」の歌の合唱で締めくくりました。

12/13(日) 関西!
 
セルラス関西 Festival 2015!開催! 

尼崎中央地区会館で、関西フェスティバルが開催されました。
中高生が中心となり、小学4年生から6年生の子供達も一緒に
フェスティバルのプログラムを考えました。
 セルラスのオリジナルストーリーブックの中の
様々なテーマに沿ったディスカッション、クイズ、ロールプレイ、
プレゼンテーション等、趣向を凝らした楽しいプログラムとなり、
ストーリーに登場する家族の国際交流体験を、自分達がそこで
体験しているかのように感じられたあっという間の3時間半でした。
子供も大人も対等の立場で、
たくさんの意見や想いを伝え合うことができました。

 
12/6(日) 関東!
 
セルラス関東 Festival 2015!開催!

セルラスのフェスティバルは、青少年がプログラムの企画から
運営までを行う、子どもたち主体の大イベントです。

今年は「ピアザ魂ここに集え!」をスローガンに、
ワクワク感を大切にしたプログラムが組まれました。

各ピアザの個性がとてもよく表れたピアザアピール、
普段別の地域で活動しているメンバーと交流できる
オーバーザワクワク(枠枠)タイム、
また、関西から、夏のアメリカホームステイの体験談を話に
来てくれた小6女子とそのお母さんのスペシャルゲストタイムも
あり、とても充実した3時間プログラムでした。

昨年よりまた一段と成長した青少年の姿に
何よりもワクワクさせられました。
 

 11/17(日)関東!
横浜1day International Exchange Program@鎌倉!!

横浜にある、アジア国際語学センターの留学生9名と
セルラス横浜のメンバーで鎌倉を散策しました。
今回は個人ではペアにならず、みんなで行動し、お天気に恵まれた一日、
海岸でお弁当を食べながら遊んだり、大仏や長谷寺を見学したりしました。
10月に来日した生徒さんも一生懸命日本語を話し、
子どもたちも交流を楽しみました。
これから、普段の活動にも参加してくれるとのことで、
とてもよい出会いの場となりました。
 

 
11/7(土)関東!
  デュオフェスティバルに協力! 

東京都中野区にある弥生福祉作業所と南中野児童館の
デュオ・フェスティバルに協力団体としてセルラスが参加しました。
当日は、音楽広場コーナーにて1時間、
メキシコ・チュニジア・中国・ベトナム・インドネシアの留学生たちが
各国の歌を披露したり、クイズやゲームで盛り上がりました。
福祉作業所で働く障害者の方々を中心に、
地域の親子などにも、5ヵ国それぞれの文化やことば、
音楽を通して、楽しく世界に触れてもらう機会になったと思います。


   10/2(月)関西!
  Dia de muertos開催!

セルラス関西事務所で、メキシコの死者の祭り
「Dia de muertos」を開催しました。 メキシコでは11/1~2に、死者の霊が帰って来るのを盛大に、
にぎやかに飾りつけ、歌ったり踊ったりして、
その魂を迎えて癒します。 それにならい、オフレンダ(祭壇)を設置し、
皆仮装して参加しました。
グアテマラ・コスタリカ・アルゼンチン・エルサルバドルなど
南米の留学生が多く参加してくれたので、
新しい乾杯の仕方も教わりました。祭りのシンボルは骸骨。
皆がそれぞれ自作し持参した骸骨の人気投票や、
ピニャータ割りなど、楽しいプログラムで盛り上がりました
 
 

 


   10/25(日)関西!
  国際交流バーベキュー開催!

秋晴れの青空のもと、大阪 淀川河川敷にて
大阪の日本語学校で学ぶ様々な国からの留学生と
セルラスのメンバーでバーベキュー交流会を開催しました。

この日は10カ国(サウジアラビア・インドネシア・ミャンマー・
コスタリカ・タジキスタン・グァテマラ・ポーランド・タイ・
エルサルバドル・コスタリカ)の留学生が参加 !!
いろんな国の言葉や文化のシャワーをあびて、
お話ししたり、ゲームで体を動かしたり、
子どもも大人も国際交流を楽しみました!

 10/25(日)関東!
1day International Exchange Program!!
 
秋晴れの一日、年に2回行われる恒例のプログラムが開催されました。
高尾山ハイキングや、世田谷のお寺巡り、
ホームビジットでたこ焼きパーティーなど、
来日したての留学生と、セルラスのメンバーが一日一緒に行動します。
初めはとても緊張していた留学生からも、本当に楽しかった!
またぜひ会いたい!という感想がたくさん届きました。
この出会いをきっかけに交流が続く
毎回とても好評なプログラムです。
 

  9/27(日)関東!
  関東夏の報告会

9/27(日)渋谷の会場で「夏の大冒険・体験スペシャル」として、
関東のメンバーが集まって夏の活動報告会が開催されました。
高校留学の報告に関西高校生メンバーが駆けつけてくれたり、
留学生キャンプリーダーたちも久々に顔をそろえ、
楽しく充実した内容盛り沢山の会となりました。
当日の参加者全員、大人も子供も、
キャンプのグループに入って疑似体験をして楽しんだり、
自分たちの活動を振り返って、
そこで起きたことについて考察し、発表しました。
青少年たちが自ら役割を見つけて行動している姿、
人の話をしっかり聞き、自分の意見を言っている姿が見られ、
世界に通じる人材の芽が
確実に育ち始めているのが感じられました。

 9/17(木)関東!
  荻窪中 国際理解教室

杉並区立荻窪中学校の依頼を受けて、9月17日(木)
中学2年生全クラスを対象に国際理解授業を行ってきました。

サマーキャンプやピアザを通してセルラスに関わってくれた
インドネシア・タイ・中国・マレーシアの留学生たちが、
授業の講師役を引き受けてくれました。

たくさんの映像と共に、クイズやゲームも交えた楽しいお国紹介は
生徒たちに大好評でした。

留学生たちにとっても、日本の生徒たちに自分の国を紹介できる機会は
大変貴重でありがたく、皆ぜひまたやってみたいと話していました。 
 

 
 9/12(土)~9/13(日)関東!
中国留学生ホームステイ受け入れ@横浜

JICE(日本国際協力センター)からの要請で、
中国の留学生のホームステイを受け入れしました。
外務省による、中国若手官僚長期支援事業プログラムにより
来日中の方々の内3名です。事業の昨年度の様子はこちらから。
↓   ステイ中、横浜の普段のピアザにも出ていただいたり、
中華街を散策したり、楽しく交流できました。
2年間日本の大学に通われるので、
この先も交流するチャンスがあり、楽しみです。  

夏の報告会@関西
 9/6(日)大阪・西宮・芦屋地域!
9/13(日)神戸・明石地域!

両日とも セルラスの夏の大イベント、
青少年サマーキャンプとアメリカホームステイ交流の報告がメインで、
中学生たちが中心に企画、広報、当日の進行を行いました。
特にアメリカホームステイの報告をした小学生3人の話は素晴らしく、
言葉にだけ向かうのでなく、
人にしっかり向き合ってきた姿勢が感じられる堂々とした報告でした。

キャンプについては、参加したロシア、ベトナム、セネガルの留学生も
駆け付けてくれて、元気なエールから始まり、
キャンプが再現されたようなプログラムで、
参加しなかったメンバーたちも大いに盛り上がりました。
ますます進化するセルラスの青少年たち。大人も負けていられません!
 

 
   8/18~8/20(火~日)関西!
セルラス活動写真展@神戸

この夏、子供たちがサマーキャンプに参加しているちょうど同じ
時期に、神戸生活創造センターにて、「セルラス活動写真展」を
開催しました。 期間中の来場者は大人子供合わせて90名。
会館で定期的に活動されている団体は、シニアの方が多く
なかなか子育て世代には見てもらうことが難しかったのですが、
いろんな方に活動を知っていただくことができてよかったです。
お土産の、ひらがなを多言語の小さな文字で表したカードは
かわいくて、大好評でした。


 
8/17(月)~8/20(木)
CELULAS青少年サマーキャンプ2015@井川


 「世界に通じる力を育てる」人材育成の環境の一環として行うサマーキャンプ!
今年は、静岡県の井川に関東&関西の小3以上のメンバーが
一堂に集まり、留学生や大学生リーダー、
また中高生ジュニアリーダーを中心に
縦割りで3泊4日を過ごしました。
天候が心配されていましたが、降った雨もプログラムには影響なく、
屋内はもちろん自然の中でも充実した時間を過ごせました。

詳しい様子はこちらから →click!
 
 
 

 


  8/8~10(土~月)関東!
  ドイツ青少年ホームステイ受け入れ!


8/8~10の二泊三日、
第42回日独スポーツ少年団交流で来日中のドイツの青少年を、
横浜ピアザ6家庭でホームステイの受け入れをしました。

丸一日フリータイムのファミリーデー、
また、送迎の前後に行われた、
スポーツ交流&日本の青少年とのディスカッションも見学でき、
とても有意義な時間を過ごしました。

  7/25(土)・7/26(日)
  アメリカホームステイ交流に出発!

今年は、4人のセルラス小中学生メンバーが、
アメリカホームステイ交流に元気に出発しました!
セルラスでは提携教育機関のユートレック国際交流センターの
プログラムに、毎年青少年会員を派遣しています。

詳細&昨年度の交流の様子は詳しくはこちらへ!

貴重な体験をして一回り大きくなって帰って来るのと、
報告を聞くのを楽しみに待っています!

 
 





 7/20(月祝)関西!
  大阪地域合同ピアザ

7/20(月・祝)本町の愛日会館にて開催されました。
「今日はピアザを越えて、いろんな人と知り合い、話をしたい!
仲良くなりたい!」
という司会の高校生の元気な挨拶から始まりました。

10ケ月のアメリカ留学から帰国した高校生メンバーからの
留学報告があり、「大変なこともたくさんあったけれど、
それを乗り越えた今だからもっと大切にしなければならないことが
よくわかる!」という話を小学生達はじっと聞き入っていました。

今年のサマーキャンプにリーダーとして参加する
セネガルの留学生も一緒に楽しみ、一足早くキャンプに参加する
子供たちとも仲良くなりました。

 7/20(月祝)関東!
  東京地域合同ピアザ

7/20(月・祝)東京地域合同ピアザが開催されました。
合同ピアザは普段なかなか会えない各地のピアザメンバーが
交流を深め、セルラス全体を感じ旬の情報が得られる絶好の機会です!
司会進行は高1と中2のセルラスジュニアリーダーの
コンビでした今年の青少年サマーキャンプリーダーである
タイと香港の留学生も参加しました。
 
グループに分かれてのロールプレイは、初めて出会うメンバー同士の
程よい緊張感もあり新鮮でした。
サマーキャンプに参加する小3以上の子どもたちの決意表明は、
皆とても堂々としていました。
「自分だけでなく、グループのみんなが楽しめるキャンプにしたい」
初めて参加する子に声かけをしていきたい」という、
他者への思いやりが感じられる発言が特に印象的でした。
 
 

 
   7/19(日)関東!
  神奈川地域合同ピアザ

7/19(日)神奈川地域合同ピアザが開催されました。
この日の司会進行はセルラスジュニアリーダーの中2の女子2人!!
サマーキャンプリーダーの留学生も加わり、
普段と違うメンバーのグループで、ワンポイントアピール自己紹介
&初めての場面のロールプレイを楽しみました。
プレゼンテーションの発表も皆自然体で想いを語ることができ、
個々の成長が感じられ、
また2グループに分かれてのワンマンショーや
バニバニゲームトーナメントも大いに盛り上がりました。
キャンプに行く子どもたちの顔合わせもでき、
これからの夏の活動が楽しみになる一日になりました。

  7/12(日)関西!
  宝塚・西宮・芦屋地区合同ピアザ

7月12日 園田地区会館にて、
宝塚 西宮 芦屋地域合同ピアザが開催されました。
立候補した小学生リーダーが中心となり、司会進行、
グループに分かれてロールプレイを行いました。
また、台湾からの留学生も参加し、台湾の歌を歌ったり、
台湾○×ゲーム等で、場が大変盛り上がりました。
参加したメンバー同士の交流も深まり、各ピアザの発表では、
それぞれのピアザの良さを知るよい機会となりました。
 

   7/10(水)~12(日)関西!
  香港留学生ホームステイ交流

今年も香港の専上大学から、
神戸コミュニカ学院のサマーコースに参加している、
8名の香港人留学生のホームステイ受け入れをしました。
昨年に引き続き2度目の交流ですが、
昨年の学生たちがホームステイプログラムを大変気に入って、
戻ってから彼らが冊子にまとめてくれるほどで、
今年も実現しました。

7月6日から日本に1カ月滞在するうちの、
7月10日~12日の2泊3日でしたが、
どの家族も素晴らしい思い出を作ることができました。
初めて受け入れをしたメンバーもいましたが、本当の家族のように親しく交流ができ、最後は涙涙のお別れになりました。

   7/5(水)関西!
  神戸・明石合同ピアザ

神戸・明石地域の8つのピアザのメンバーが集まり、
合同ピアザが開催されました。
この合同ピアザは、青少年たちが中心となり、企画・広報・
当日の進行など全てを行いました。
青少年によるセルラス紹介から始まり、多言語ゲームや
体験報告<ホームステイ受け入れ、海外ホームステイ交流、高校留学等>
この夏アメリカホームステイに旅立つ小学生や、サマーキャンプに
参加する青少年たちの決意表明など盛りだくさんでした。
特にアメリカ、ユタ州に10ヵ月間高校交換留学をしたメンバーの
流れるような英語を交えてのリアルな体験談は
子どもたちも惹き付けられ聞きいっていました。
小さな赤ちゃんと活動しているメンバーの話も大好評でした。

 機関紙「CELULAS」創刊しました!


6/22(月)セルラスの機関紙「CELULAS」が
創刊されました。
今後も定期的に発刊する予定です。


ご興味ある方は、web上でもご覧いただけます。
CLICK

  5/20(水)関西!
明石市立錦浦小 メキシコ紹介授業!!

セルラス明石のメンバー宅にホームステイ中の
メキシコの高校生レナト君が、
ホストの通う小学校で、「メキシコ紹介授業」を行いました。
メキシコの文化やスペイン語を、ゲームなどを交え楽しく紹介し、
レナトはあっという間に、学校中の人気者になりました。
授業を受けた子どもたちは、レナトと出会うことで、
遠いメキシコがとても近くに感じられたと思います。
先生方にも喜んでいただき、
母国の紹介ができたレナトにとってもこの日は大変嬉しい一日でした。

 




 5/17(日)関東!
1day International Exchange Program!!
 
1年に約2回行われているプログラムですが、
今回もイーストウエスト日本語学校、
東京日本語教育センターの留学生9カ国30人と
セルラスのメンバーが一日ペアになって、
ホームビジットや、東京散策で楽しみました。
日本に来てまだ間もなく、
日本人の知り合いがいない留学生にとっても、
また、メンバーの日本人にとっても素敵な出会いの場となる
毎回とても好評な楽しいプログラムです。

詳しくはこちらへ!
 


 
 
 4/3(金)関西!
三宮・西明石・宝塚合同ピアザ!!

セルラスの中高生が参加した「リーダーズトレーニングキャンプ」
報告会を兼ね合同ピアザが行われました。
地域を超えたメンバーたち約60名が集まり、
熱気に包まれた報告やゲームを楽しみました。
キャンプに参加した中高生は、昨年に比べてもディスカッションが
活発だったり、プレゼンも積極的に発表したり、
全てのことに自分から関わって楽しんでいて、成長を感じました。
また、アメリカホームステイに参加した大学生メンバーの
体験も聞けて、関西の子どもたちは、
今後の活動に夢を持てたように思えます。
地域を超えて、国を超えて、人と出会い体験を重ね、
セルラスのメンバーたちはどんどん成長しています。

3/29(日)~31(火)!
リーダーズトレーニングキャンプ@浜名湖!!

「世界に通じるリーダーを育てる」という目的で、
今年も中高生を対象に2泊3日のリーダーズトレーニングキャンプが
静岡県浜松市で行われました。 
今回は飛び級参加の新小6の2名を含む30名が全国から参加しました。
 この1年セルラスの活動の全体をひっぱってきた
ジュニアリーダーの中高生7名が、
参加者たちと何度も準備会を重ねて迎えたこのキャンプでは、
一人一人の参加意識がとても高く、お互いに切磋琢磨することで、
それぞれの成長がはっきりと感じとれるキャンプになりました。

詳しくはこちらへ!
 

    。  3/21(祝土) 関西!
「世界のことばと遊びの広場」       
        @春のセンター祭りin難波!!

難波市民学習センターで毎週活動している難波ピアザが
春のセンターまつり」で「世界のことばと遊びの広場」
を開催しました。
ケニアのステレ・セネガルのシガ・ドミニカ共和国のブライアン、
留学生3人の国の話を聞いたりダンスやスワヒリ語クイズをしました。
日本語と同じ言葉が沢山ある事におどろきました。
初めて外国の人と話すお子さんもいて目を丸くしていましたが、
ダンスやクイズで盛り上がり、一緒に楽しい時間を過ごしました。
そしてみなさん「またね!」と笑顔で帰っていきました。
セルラスメンバーの子どもたちは、受け付け、司会、
ゲーム担当と自分の役割を務め、
“自分たちの夢“を多言語で発表しました。
この経験はこれからの活動の大きな一歩になると思います 

 3/17(火) 関東!
世界のことばと遊びの広場 with ミニディ楽々くらぶ!! 

世田谷区内のシニア世代の交流グループ「ミニディ 楽々くらぶ」
から依頼があり、「世界のことばと遊びの広場」を開催しました。
4ヶ国(中国・インドネシア・ウガンダ・ガボン)4名の留学生が参加。
2020年の東京オリンピックに向けて、世界について知りたいし、
いろいろな国の人たちと交流したいと皆さんが意欲的で
興味津々で話を聴いてくださいました。
また、ハーモニカの得意な方の演奏があったり、
日本の歌「ふるさと」を教えてくださったり、お抹茶をふるまって下さったり等々、留学生たちも普段なかなか出会うことができない年代の方たちとの
お話や交流が大変楽しかったと感想をもらいました。

 

3/13(金) 関東!
杉並第十小学校 国際理解教室!! 

杉並区立杉並第十小学校で、初の国際理解授業が開催されました。
ケニアの留学生キジョさんと香港のジョシュくん2人が
ゲストティーチャーとして参加してくれました。
国の紹介の他に、キジョさんはケニアの民族衣装の着方を紹介すると、
こどもたちが喜んでモデルになってくれました。 
また、ジョシュくんが教えてくれた広東語で伝言ゲームをすると、
みんな真剣に参加して大変盛り上がりました。 
子供たちはみんな目を輝かせて授業に参加したので、
先生方にも大変喜ばれ、来年度も行うことになりました。


   3/4(水) 関東!
杉並井荻保育園 世界のことばと遊びの広場開催!! 

保育園保護者会からの依頼を受けて
「世界のことばと遊びの広場」を開催しました。
マレーシアのシャフィアと、香港のジョシュくんが、楽しいお国紹介、
クイズ、歌、遊びなどを子どもたちに披露してくれました。
 
0才~6才の子どもたち約80名が参加してくれました。
みんなとても お行儀よく座り、お国紹介の映像に釘付け、
クイズにも元気に答えてくれました。
マレーシア語もすぐマネして挨拶したり歌ったりできて驚きでした。