Loading...

青少年サマーキャンプ

青少年サマーキャンプ

「世界に通じるチカラを育てる」

セルラスの青少年サマーキャンプは、当法人が目指す「世界に通じる人材育成環境」の一環として、2004年よりスタートした、セルラス正会員を対象にした青少年育成プログラムです。
毎年、各国の留学生リーダーと、セルラス全体の中高校生メンバーから選ばれたJr.リーダーが中心になって、小学3年生から大学生まで約30名が縦割りのグループを作り、3泊4日の様々な活動を通して、「コミュニケーション能力」「多様性への対応能力」「自分で見つけて考える力」を育てる目的で行っています。

具体的なプログラムは?

★グループ活動

キャンプ中は、様々なプログラムに取り組みますが、柱となる活動はディスカッションです。
今年のテーマについて、年齢関係なく意見を出し合い、お互いを認め合い、尊重し合う中で、仲間との絆を強め、今までと違う自分に出会ったり、新しい発見をしていきます。
また、グループ担当の留学生リーダーが準備してきた、「自分について、自分の国について」のプレゼンテーションを聞くことは、子供たちの新しい世界の扉を開きます。

★留学生から世界の話を聞こう

留学生リーダーがグループ内で発表した「自分について、自分の国について」のプレゼンテ―ションを、他のグループの子供たちにも発表する場です。
子供たちは自分のグループのリーダーだけではなく、他のグループの留学生リーダーの話も聞くことができます。
限られた時間の中で、次はどの国のリーダーの話を聞こうかと、子供たちはワクワクしながら各留学生のブースを回ります。

★グループ対抗ゲーム大会

毎年、キャンプスタッフが今年の課題として取り組んでいるセルラスストーリーにちなんだ楽しいゲームを考えて、グループ対抗で競います。
グループの結束力も高まり、大いに盛り上がるプログラムの一つです。


★多言語プレゼンテ―ション・ワンマンロールプレイ大会

グループ内で多言語プレゼンやロールプレイに取り組む中で、特に推薦されたメンバーが全体会で発表する場があります。
仲間の応援を受け、勇気を出して人前に立つことが自分の大きな自信につながったり、また、仲間の発表に沢山の刺激をもらうことができます。
プレゼンテーションでメンバーの体験や思いを共有することは、子供たちそれぞれの次の目標を持つことにもつながります。

★キャンプファイヤー

留学生が中心となって、プログラムを進めていきます。
留学生リーダーの国の歌を皆で歌ったり、グループエールを披露して、結束力をアピールします。特技を披露するコーナーもあります。
キャンプファイヤーの締めくくりは、留学生リーダーから子供たちへのメッセージ。故郷を離れ、異国の地で、夢を追いかけて頑張る留学生の姿に、子供たちは沢山の勇気をもらったことでしょう。
(※今年は雨のために、途中で体育館に移動。初めて外と中で楽しむことになりました)


★ロールプレイマラソン

最終日に行われるキャンプ最大のイベント、ロールプレイマラソン。
4日間のグループの垣根を外して、ロールプレイのグループを作り、1クール約30分間のロールプレイをして、それをメンバー変えながら
3回行います。
今年のロールプレイは日本語を入れずに、全て多言語で行うことになりました。
希望の言語(英語・スペイン語・韓国語・ロシア語・中国語)ごとに分かれて行いました。
苦手な言語にもトライしてみたり、仲間と一緒に場面を考え実践していく中で、どんどん楽しさを発見していく子もたくさん見受けられました。
積極的に取り組む仲間の姿に、私もあんな風に○○語を話してみたい! と思い、キャンプから帰宅後、積極的にシャドウイングやロールプレイに取り組むようになったという嬉しい報告もありました。