Loading...

多言語活動フォーラム

多言語活動フォーラム

 

多言語活動フォーラムは、「10年~20年先の近未来が私たちにとってより豊かな世界になるために何が必要か?」 を毎年の中心テーマとして、全国のセルラスのメンバーが集い、旬の話題を共有しながら、多言語活動の持つ可能性とこれからの方向性を、みんなで考え見つけていく場です。2016年10月より、年1回のペースで開催されています。

今回、3回目となる多言語活動フォーラムは、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)の2泊3日、琵琶湖のほとりの 滋賀県高島市の会場で行なわれました。幼児からシニアまでの幅広い年齢層のメンバーが集結し、セルラスの活動に関する様々なことをお互いに情報交換をしながら検証していきました。このフォーラムを行うにあたって、担当を中心に事前に細かいテーマを考え、参加する全員がそれぞれに自分の考えやそれを伝えるための準備をして取り組んだため、とても充実した3日間となりました。

今回のテーマは 「多言語活動HANPANAITTE!徹底検証!」でした。

私たちは多言語の習得活動という共通の目的を持って、様々な背景を持つ人たちが集まっています。果たして「多言語習得」というものは何を育てているのか、また現段階で何を見つけているのかなどを各自がプレゼンテーションし、さらにディスカッションをして深めあっていきました。

活動最前線の現場であるピアザについてなどの具体的な内容から、将来どのような活動につなげていきたいかなど、過去・現在・未来に関するすべてのことを徹底的に話し合う中で、中高生のジュニアリーダーも大人と対等にディスカッションに入っている姿に大変驚かされました。彼らの新鮮で柔軟な意見は大人たちだけで話し合ったのではなかなか出てこないものばかりで、それこそが幅広い年齢層で活動を行っている醍醐味であると感じました。それと同時に改めて、この活動を通して育っている人材の素晴らしさを認識することができました。その他にも多言語習得活動の基本であるロールプレイタイム、屋外でのBBQ、ありったけの多言語でコミュニケーションしながら食事を作るプログラムもあり、すべての活動が「伝えたい、受けとめ合いたい!」という姿勢があふれた楽しい時間でした。ジュニアリーダー以外の青少年達も留学生キャンプリーダーの中国のヨウくんとのロールプレイや、多言語ミニプレゼンなどのプログラムを行い、それぞれが「多言語ってやっぱり楽しい!」ということを実感できるフォーラムとなりました。