NPO法人多言語広場CELULAS 本文へジャンプ
ホーム
セルラスの目指す世界
セルラスの多言語活動
☆具体的には何をしてるの?
☆オリジナルCD&ストーリーブック
青少年育成事業
☆青少年サマーキャンプ
☆リーダーズトレーニングキャンプ
☆青少年韓国ホームステイ交流
☆青少年海外ホームステイ交流
☆高校留学
多言語・多文化共生事業
☆1day trip program
☆家族・社会人ホームステイ交流
☆ホームビジット・ホームステイ受入れ
☆小中学校での国際理解授業
☆国際交流基金インドネシアレポート
会員の声
会員になるには
講演会スケジュール 
お問い合わせ
リンク
多言語広場 CELULAS 本部事務局
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1  
       ニューステートメナー1038
TEL:03-5333-8202 FAX:03-5333-8203

関西事務所
〒553-0007
大阪府大阪市福島区大開1-10-10
TEL・FAX:06-7493-7931
                          
    
  



              





  







             





 






        








































CELULAS青少年サマーキャンプ2015

2015年8月17日(月)〜 820日(木)
Celulas Youth Summer Camp 2015



「世界に通じるチカラを育てる」

 
セルラスのキャンプは、当法人が目指す「世界に通じる人材の育成」環境の一環として、
2004年よりスタートし、今年で12回目を迎える青少年育成プログラムです。
各国の留学生リーダーと、セルラス全体の中・高校生メンバーから選ばれたJr.リーダーを中心に
縦割りのグループを作り、3泊4日の活動を通じて、子どもたちの想像力を刺激し、
いろいろな「違い」を受け入れて相手を理解する共感力、自分の意思を表現できるコミュニケーション力、
そして自ら考え行動できる人間力の育成を目指します。








12回目の今年は、ケニア・ロシア・中国・ベトナム・タイ・マレーシア・セネガル・香港からの留学生と、
関東・関西から集まったセルラスメンバーの子どもたち、そしてスタッフが、
静岡県の井川自然の家で8/17から8/20に実施されました。
今年のテーマは、<違いは大切な宝物>と<みんなで見つけて育てることば>でした。
テーマについて、グループごとに活発に行われたディスカッションの時間も印象的でしたが、
各自、どんな手ごたえがあったでしょうか?

      
具体的なプログラムは?

グループ活動 
 

 4日間を通して、留学生リーダー&ジュニアリーダー
のもと、小学生から中高生まで、
縦割りのグループに分かれて過ごします。

グループ活動はグループ名や、エールをを決めるのは
もちろん、当日発表された場面のロールプレイを
みんなで取り組んだり、「違いは宝物」というテーマで
ディスカッションをしたりします。

各グループ、2泊3日という時間の経過とともに絆が深まり
プログラム一つ一つを皆が協力して作り上げ、
いろいろな意見が活発に出て、
とても有意義に過ごすことができました。

 
世界の言葉と遊びの広場
 
 
   
 
 このコーナーでは、留学生たちが、それぞれに自分たちの国の文化・言葉・遊びについて語ってくれますが、
それはガイドブックに載っているようなことではなく、リアルな生活や国の様子が語られるので、
それを聞いた子どもたちは様々な違いに気づき、興味を持ち、学び、受け入れる大切な時間です。
  今年はマレーシア、中国(朝鮮族)、ロシア、ケニア、タイ、香港、ベトナム、セネガルの留学生リーダーにより、
それぞれの国が紹介されました

 
グループ対抗ゲーム大会
 
 
 4日間を通して、雨が多かったのですが、
このプログラム時は、青空が広がり、
すがすがしい空気の中で、
グループ対抗ゲーム大会が行われました。
体力と知力、チームワークが問われますが、
みんな勝利を目指して真剣に楽しみ、
エネルギーを発散しました。

どのグループも背丈も年齢もバラバラなので、
組み合わせをどうするかなど、真剣に作戦が練られ、
ゲームが始まると大きな応援の声が
広い草原に響き渡りました。
ゲーム大会の後はグループの結束が
一気に深まります。!
 
 
 

キャンプファイヤー 
 

雨の音で目覚めた3日目
でしたが、夕方奇跡的に雨も
上がり、楽しみにしていた
キャンプファイヤーも
燃え上がる炎を囲んで
盛り上がることができました

 

年々子供たちのパフォーマンスのレベルも高くなり、
見ごたえ満点!!
 大声で歌い・笑い・踊り、
燃え上がる炎にも負けずに
盛り上がりました。
最後、留学生リーダー一人一人からのメッセージは、心に響き、
子供たちの宝物になりました。

 
ロールプレイマラソン
 
最終日、今回のキャンプで発表された、
「サンクスパーティー」という場面を、
1クール30分、メンバーをシャッフルして、
3回続けてロールプレイをしました。

その時初めて会った仲間と、場面の設定を話し合い、
イメージを膨らませ、共有して、行うロールプレイは、
感想文を見ても、一番面白かったプラグラムという意見が
もっとも多かったです。

一つのストーリーを皆で作り上げるダイナミックな楽しさを
みんなで味わうことができました。
 


参加者の感想文    click!   

キャンプの後、留学生リーダー、劉 敏麗さん@マレーシアが、
素敵な感想を送ってくれました。