2016 セルラス 青少年サマーキャンプ 感想文抜粋

☆メンバー感想文


●小3男子(神奈川県川崎市)


 初のサマーキャンプだけど楽しくて、一番楽しかったことは、3げんそくのディスカッションで、

 このキャンプで3げんそくのけいけんが一つ多くなりました。

 さいしょは長いと思っていた90分のロールプレイマラソンも、キャンプに行った人がみんな言っていたように、

 みじかく、楽しかったです。

 ほとんどの人が「新きょにとう着」をやったことがないのに、あんなに楽しく楽にロールプレイできたことがないので、

 このけいけんをピアザに持ち帰りたいと思います。

 そしてキャンプファイヤーは、いろいろな歌をうたい、おどり、ゲームをしました。

 世界のゲームや歌もわかっておもしろかったです。

 また来年も来たいと思っています。



●小3女子(兵庫県芦屋市)


 グループ活動では、ワンマンショーが2回できたので、なんかすっきりして、

 これは、ぜったいもくひょうをたっせいできたなと思ったので、 とてもうれしかったし、楽しかったです。

 6:00きしょうはむずかしかったけど、起きれました!

 エールも考えるのもやるのもとっても楽しかったです。

 最初は話しかけることや、声を出すことがあまりできていませんでした。

 でも、みんなをみならってがんばって話しかけたり、声を出したら、だんだん楽しくなって行きました。

 あと、初のキャンプだったので、とてもがんばりたいと思っていました。

 あっという間に時間がすぎてしまいました。

 楽しかったことは次はもっといいけいけんにしたいです。

 また、ロールプレイマラソンはとても楽しくできたと思います。

 ロールプレイマラソンはさいしょ楽しくできるかしんぱいだったけど、とても楽しくできてうれしかったです。

 また、らいねんも行きたいです。

 また、らいねんも行って、今年よりもっといいキャンプにしたいです。

 そうごうさいゆうしゅうになってとてもうれしいです。

 また次も、そうごうさいゆうしゅうになりたいです。

 キャンプはとても楽しかったです。

 楽しかった~~~~~!



5女子(神奈川県厚木市)

 私はいままでディスカッションが楽しいと思ったことはないのだけれど、3原則についての体験を話し、

 それは3原則のどれにあてはまるかを話していたら、「音声」にもあてはまるし、「必然性」にもあてはまると、どんどん意見が出て、

 3原則は1つでも欠けたらだめ!3つ合わさっていい体験になる。ということがわかりました。

 世界を知ろう、質問タイムの時、今回は特に質問がいっぱいできました。

 私は積極的に相手に質問をして相手に伝わるにはどうしたらよいか考え、質問だけでも成長できたと思いました。

 特に小中学校の学年わけが気になって聞いてみたら、日本と同じ国がありました。



小6女子(兵庫県明石市)

 キャンプ4年目として、小学6年として、みんなと楽しく、時には注意もして、34日を過ごせたと思います。

 1日目はバスに乗ってから、少し不安が出てきて、だけど、グループは、どこよりも明るく、お茶目な感じだし、

 友だちもたくさんで、とってもとっても楽しいキャンプになりました。

 ディスカッションは自分の意見をしっかり言えたし、友だちの意見もしっかりと聞けたと思うけど、

 ワンマンショーは全然できなかったので、ピアザで、もっともっと頑張りたいと思います。

 ロールプレイマラソンは、役柄・場所を決めてやりました。  

 1回だけ、ジェスチャーだけでやったけど、どの役も面白くもっともっとやりたかったです。

 キャンプファイヤーで、エールでアクシデントがあったし、活動で失敗とかもあったけど、

 Jr.リーダーが、なんとかしようとしていたり、みんなが頑張っていて、私はいいチームの一員だと思いました。
 
 Jr.リーダーは、すごく恰好よく、でも失敗して怒られたりもしてたけど、そんなJr.リーダーになって、みんなを支えていきたいです。

 来年は、もっともっとチャレンジして、意見いっぱい出して、活躍して、Jr.リーダーに近づけて行けたらいいなあと思います。

 とてもいい思い出です。ありがとうございました。


●高1女子(東京都杉並区

 サマーキャンプは本当にリーダーズトレーニングキャンプとは全く別で、逆で、すごくびっくりしました。

 とっても楽しかったし、とっても大変な部分もありました。高校1年生にして初めてのサマーキャンプで、

 リーダーではないけれど、しっかり、ちっちゃい子をまとめなきゃと思っていました。

 私のキャンプの目標は、初めは「みんなに顔と名前だけでなく、性格も知ってもらうこと」

 「高1だから、自ら思いっきり楽しみつつ、学べるキャンプにする事」でした。

 でも、初日に、「ジュニアリーダーを自分なりに支えること」をプラスしようと決めました。

 1つ目の目標は、達成できたか、来年のキャンプで分かると思います。

 2つ目の楽しむことは完璧!学びは「ジュニアリーダーの大変さ」です。

 A
グループは落ち着かない子が多くて、ジュニアリーダーは、ただでさえ、予定の把握など大変なことが多いのに、

 小さいこのお世話もして、どんなに大変か、身をもって学べました。

 ジュニアリーダーにはすごく感謝しています。

 3つ目の目標はもうちょっとでできたかな?と思います。来年来る時にはもっと、「怒る・注意する」をしながらも、

 みんなが嫌な気持ちにならずに楽しめるよう、リーダーをもっともっとフォローしようと思います。

 そして、留学生の話は本当にとってもおもしろく、自分にやる気とかを与えてくれるとてもよい話でした。

 本当は全員ともっともっと話したかったです。来年はもっと話したいです。

 自分が反省した部分もあったし、自分がどれだけ外国に興味があるのかも改めて感じられたし、学びもあって、

 もちろんとっても楽しめて、とても深いキャンプでした。

 みんなに本当に感謝したいです。
 





☆ジュニアリーダー感想文


中2女子(東京都世田谷区)


 私は、今年のリートレぐらいから目標として「自分が誰よりも一番に楽しむ」ということを考えて、

 サマーキャンプも同じ目標を持ってのぞみました。でも、ただ自分が楽しいだけではただの自己中になってしまうから、

 みんなが楽しいことがとても大切だと思います。

 このことは、前から分かっていたけれど、このキャンプで自分のこととして感じることが出来ました。

 Jr.リーダーとしてみんなをまとめるとき、今自分はみんなを楽しませることが出来ているのか、

 今自分はみんなを楽しませるために何が出来るかをグループタイムの時や、ご飯を食べている時などにとても考えました。

 私は、グループタイムやご飯がとても楽しかったけど、みんなが楽しかったかどうかは分からないので、

 これからキャンプの報告でグループタイムやご飯の時間が楽しかった!

 と言ってくれたら、目標達成かなと思います。また、これを今後の課題にしていきたいと思いました。

 今回のキャンプで、Jr.リーダーとしての課題が見つかったのでとてもよかったです。



高1女子(兵庫県神戸市)


 私は今回のキャンプでこれからの課題などがたくさんみつかりました。

 今回のグループは私以外のJr.リーダーは2人とも初めてでした。

 なので、私が引っ張っていかないといけない!といつも以上に責任を感じていました。

 最初は私が前に立って、どんどん進めていましたが、だんだん、自分出過ぎじゃないかな?

 と思い始めたりして、ちょっと引いてみたら、次は今引く時じゃなかったかな?とか、いろいろと考えてしまいました。

 今、自分はどうするべきかをもっと考えられるようになりたいと思いました。

 こんなことが自分の中で起きたのは、Jr.リーダー、留学生、コーディネーター間のコミュニケーションが少なかったのも

 理由の一つかなと思います。もっと自分達で時間をみつけて話せばよかったな~と思います。

 
 私のグル―プは最初、全く意見が出なくて、自己紹介ですら、余り順調に進みませんでした。

 でも、その後、ゲームをしたり、ちょっと仲良くなったら、みんなが積極的に自分を出してくれたのが嬉しかったです。

 今回のキャンプはいつも以上に濃く、短く、楽しいキャンプでした。

 スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。





☆留学生リーダー感想文

セレム・ギデオン・キプトー(ケニア)信州大学大学院

My Impression of the 2016 Celulas Summer Camp.

This is my fourth Celulas camp. This was my last camp as a student and I was really looking forward to it.
The first time I attended the Celulas camp was way back in August 2010. Back then, I could barely speak any Japanese.
Since then my Japanese level has improved and I could communicate well with the children.

During this camp, I was amazed by a lot of things.

1. Many of the children were giving the opinions and thoughts openly without being nervous.
 When we had discussions on the Celulas 3 basic principles, many of the kids raised up their hands
 and gave their opinions without being shy or nervous.
 This really impressed me.
 I although felt a little disappointed with the girls as the boys formed the majority of those who voiced their opinions.

 
2. There was sufficient time given to foreign students to talk about their dreams, why they came to Japan,
 to introduce their country and answer any questions the children had about the different countries.
 As opposed to previous camps, we introduced our countries by talking about our families and dreams.
 This was really great and it inspired many of the children.
 Although the little kids (Grade 3 and 4) found it a little boring,the majority of them enjoyed the talk and asked me a lot of questions.
 This was to me the best part of the camp.

 
3. I enjoyed the role play marathon. I was impressed by the crazy ideas the children gave of the setting and how they tried to act them out.
 This was really impressive as they personified the role play. At first I thought 90 mins was quite long
 but it went so fast that I wished we had more time.
 

4. The camp activities like games, watermelon splitting game, outdoor activities and camp fire wasere great. It provided the groups good bonding time.
 The boys interacted freely with the girls and they did their best to make the team win.
 I was impressed by how Shoudai, Souhei, Kiku-chan, and the little boys were pulling the team together to ensure our team (Bambamboo) won.
 They have good leadership skills.

 
5. The junior leaders also did their best to guide the team in the various group activities.
 At first, they were a little shy and reserved but after our first meeting, they started working together well and communicating well among themselves.
 

This was definitely my best camp ever. I related well with other foreign students and ensured we made the camp successful.
Splitting the water melon after everyone had failed to do so made me so happy. The children congratulated me and told me that I looked so cool after splitting it.
The group activities were also great. Sharing my dream with the kids was my favorite.
They all encouraged me and told me they would support me as I work hard to be the President of Kenya sometime soon. (Maybe in 20 years or so).

I would love to join the camp once more this time as a support staff.
This was an awesome 3 nights and 4 days. Thanks to my team Bambamboo and everyone for making it my best camp ever.
 

Giddy